2014年03月07日

理想のプロポーションについて

理想のプロポーション
それにしてもボクササイズは、背中の運動にベストですね。
たまにやるのですが、14分やっただけで筋力強化の利点がありそうです。
ヨガは体の柔軟性がウエストするくらいなイメージだったのですが、やってみると意外とハードなのですね。
脂がおちて筋肉質な体型になるかもです。
時折足の太さがコンプレックスになって、多量の食材を摂ることを避け、毎日スポーツをすることでなんとかコンプレックスの解消を目指しています。
一時期流行になったサウナスーツは、汗はかなり出ますが身体の中の水分が出るだけなので、体重減は一時的です。
メタボの予防をかねてエアロビをしたりローラーでトレーニングしたりというのが、有酸素運動として最適と言えます。
ウォーキングは一番容易ですが、心肺機能が向上し脂も燃焼され、ウエストが引き締まります。
筋肉をカラダに付けると身体はエネルギーを消費しようとします。
ですから筋肉を付けて体脂肪を付けないカラダを運動で作って行きましょう。
お腹の箇所を綺麗に痩せさせるためにはお腹の内側にある筋肉を発達させるのが要です。
お腹の筋肉を鍛えることで大腸などの内臓が正常な位置に戻り、ゴージャスなウェストラインが出てくるようになります。
最近、内臓脂肪症候群と言う言葉が浸透してしまったくらい、ポッチャリに関しては関心があるわけですね。
クリニックでの目の下のたるみ取り
コラーゲンとヒアルロン酸の関係性






posted by mimitubo01 at 03:51| ダイエット | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。